一目ぼれのメカニズム~アプローチ・告白~成功方法。一目惚れした男性と結婚出来るのか?

一目惚れしちゃいました…

 

やばっ!?一目惚れかも!?理由はわからないけどこの男性運命の人かもって感じる!…だけど、ここからどういう風にしていけば、知り合いになれるの?両想いになれるの?付き合えるの?…結婚まで持っていけるものなの?

 

そんな風に悩んでいる貴女のために一目ぼれのメカニズム~アプローチ・告白~成功方法までレクチャーします。

 

  • いつもの通勤電車で一目惚れしちゃいました。でも話したことはないしきっかけもありません。どうしたらいいかわかりません。
  • レストランの店員に一目惚れしてしまったけど、恋人になるために何から手を付けたらいいかわかりません。

 

こんな人の役に立てるコンテンツです。

 

誰だって最初は、知り合いじゃないのです。勇気と自信を持って、一目惚れ男性にチャレンジしていきましょう。

 

極論解決マン:恋次


 

 

一目惚れにもレベル・程度がある

私の一目惚れのレベル・程度は…?

 

女性より、男性の方が一目惚れしやすい傾向にあると言われます。しかし、だからと言って女性には一目惚れがないというわけではありません。

 

一目惚れにも、強烈なものから軽いものまであります。

 

”一目見ただけで立ちどころに恋に陥ってしまう”のは、最もわかりやすい強烈な一目惚れですが、”合コンで顔を合わせイイなと感じ、その場で数回会話をし連絡先を交換し、その後2,3回デートした後に付き合う…。”これも一目惚れに含めても良い範疇だと言えます。

 

但し、後者はイイなと思った段階では、まだ、冷静に相手を品定めできる余地があります。その余地がある段階で何等かのマイナスを見つけて却下してしまうケースもあり、それであれば一目惚れとはなりません。それを乗り越えたケースのみ、一目惚れだったと後付けすることができます。ゆえに純粋な一目惚れとは言えない側面もあります。

 

一方、前者は見た瞬間に品定めする余地が消し飛んでしまっています。これこそ誰もが認める立派な一目惚れと言えます。

 

今回は特に、前者「一目見ただけで立ちどころに恋に陥ってしまった一目惚れ」についての解説メインで書かせていただきます。

 

一目惚れしてしまったらまずしなければならないこと(アプローチ・告白の流れ)

1.次へつなぎとめる。連絡先をゲットせよ。

あの~すみません…

 

一目惚れをしたとしても、次会うことができる環境でなければ、もう終わりです。ですから、一目惚れをしてしまったら、何が何でも次につなぎとめなければいけません。
※毎日電車で顔を合わせる…などであれば、その時に話しかける決断をしなければならないわけではないです。

 

かなり勇気が必要となりますが、追いかけて行って話しかける必要があります。

 

そう言われると、そんなの無理…と思われる人が多いかもしれません。ですので、ここで話しかけやすい話しかけ方を一つ…

 

「あの~すみません。私の友達がアナタのことを気になってしまったようで…今度、友達を交えて食事会などしていただくことはできませんか?」


この言葉で話しかけます。それでしばらく会話をした後、ライン交換をするのが理想。

 

流れで一気に、そして軽い気持ちでライン交換に応じさせるのが良いです。もし、難しそうならば…自分のラインIDをメモしてもらいましょう。

 

そして、「●日まで返信待ってます。もし返信なかったら、友達には力になれなかったと謝ります。」と言った具合に、返信の期限を設けて返信が来る可能性を高めつつ、待ちのスタンスに切り替えます。

 

これで、連絡が来ればOK。

 

来なければ…。相手にだって都合はあります。すでに彼女がいるのかもしれません。複数の女性と知り合いを作らない堅い男性なのかもしれません。

 

出来るだけのことしたわけです…。返信期限は貴女自身の気持ちの切り替えスイッチだと思って綺麗さっぱり忘れてしまいましょう。これも軽い失恋…。婚活アプリでも使って新しい良い男探しを始めればすぐに失恋の痛みは和らぎますよ…。

マッチングアプリならゼクシィ縁結び


ゼクシィ縁結びのメリット

  1. リクルートグループ・ゼクシィのサービスなので安心!
  2. 登録無料。プロフィール閲覧無料。
  3. 恋人募集中の真面目な異性との出会いを気軽に増やせる。
  4. 合コン・街コンのように婚活していることが周囲にバレない。
  5. 忙しくても、空いた時間に婚活できる。

ゼクシィ縁結び

最初の話しかけ方に戻りますが…”友達が気になっていると言っているだけで貴女が惚れているとは一言も言っていません。”

 

この話しかけ方ならば…失敗したとしても貴女の体裁は保たれます。恥ずかしい気持ちになる必要はありません。また、その地点で、断るのは不自然な状況になるので、相手は断りにくく、次につながりやすいです。

 

”アナタに一目惚れしてしまって…”と話かけてしまうと、ビックリしたり、唐突過ぎて断られる可能性は高くなります。気持ち悪いと思われてしまうかもしれません。断られれば貴女は恥ずかしい思いをすることになります。

 

ここまで読んできて…”これなら、チャレンジしてダメでもたいした痛手ではない。”ともし思えたのならば、是非チャレンジしてみてください。

 

話しかけれなければ…知り合いになれなければ…関係が進展することはないのです。

 

2.仲良くなる。相手のことを知る。

一目惚れは見た目だけ。親密になる前にキチンとリサーチし直さなきゃダメ!

 

1.で無事にライン交換が出来たとして話を進めます。ラインをゲット出来たならば…貴女はもう一目ぼれした彼の知り合いになったと言っても過言ではありません。

 

ライン交換さえ、出来れば、後はどうにでもなります。あらゆるテクニックで相手に迫ることができます。

 

まずは、たとえ貴女が一目惚れをして、貴女からアプローチをしたのだとしても、相手がヤバイ人ではないかどうかをチェックしておく必要があります。それをチェックした上で、関係を発展させるか辞めておくかを判断すればよいです。

 

まずはラインを通じて、それとなく、彼の情報をゲットしましょう。年齢、職業、恋人の有無など。

 

もし、彼の情報を仕入れている地点で、やめておいた方が良いとなったならば、「最近友達から連絡が全然来なくなっちゃって…連絡が来たらラインします。」とでも伝えて、自然消滅を狙えばOK。ここでも、最初に自分が一目ぼれしたことを隠していたことが活きてきます。

 

問題なく、このまま彼との関係を発展させたいと思うならば…最初に友達が…と嘘をついたのをカミングアウトして謝り、その後は、他の男女のケースと同様にデートを重ねて付き合いだす…というパターンに乗せればいいです。

 

「声をかけるにも、恥ずかしいし、つい嘘をついちゃったの…言わなきゃ言わなきゃってずっと思ってて苦しかったの…本当にごめんなさい!!」

 

このように言われれば、元々、惚れられての嘘ですから、相手が腹を立てる可能性はもの凄く低いです。

 

ただし、カミングアウトするタイミングは重要になってきます。お互いが恋人関係に発展してもいいかもという空気感…これがあるかないかがポイント。

 

カミングアウトしたら、元々深い関わりがあったわけではないので、友達関係の継続という線は薄くなり、恋愛関係に発展するか否かの関係性を迫ることになります。相手にその気がなければ、ここで振られて終了となってしまいます。

 

もし、自信がないならば、カミングアウトを先延ばしにして長期戦に切り替えた方が良い場合もあります。

 

とはいうものの、もはや、ここまで来たら、もう一目惚れの相手とは知り合い…。色々なテクニックを駆使する環境は手元にあると言えます。

一目惚れ相手へのアプローチと、そうではない相手へのアプローチで何が違うか…それは、最初の知り合い方が違うだけです。

 

自然にしていれば、知り合うことがない二人を多少不自然でも知り合わせる…ここが違うだけで後は他の出会いのパターンと違いはありません。

 

嘘をつくことを推奨するのは気が引けましたが、最も、自然で声をかけやすい流れだと思います。

 

噓も方便と言います。後で激怒されるような類の嘘ではありません。一目惚れした彼との運命を切り開くために我慢して嘘をついてみるのはいかがでしょうか?

 

ただし、出来る限り早めに、カミングアウトしてくださいね。

 

極論解決マン:恋次


 

 

一目惚れした男性と両想いになる…関連するQ&A

一目惚れして付き合ったカップルって長続きするのですか?一目惚れから結婚まで至った人の離婚率みたいなものも気になります…

美人は3日で飽きるがブスは3日で慣れるとか言います。

 

また、ひと昔前は皆お見合い結婚で、結婚した時が初めましてだから、その後は、ポイントを積み重ねていくだけ。恋愛結婚は、結婚時がピークで後は、マイナス査定を続けていくだけ…。

 

など言いますよね…。だとすれば、一目惚れした結果結婚した夫婦の離婚率は…やばいのでは?となるのですが…

 

色々調べてみたのですが、意外な結果が…。

 

「一目惚れして結婚したカップル」1500人を対象にアメリカで調査がされたことがあるそうなのですが、一目惚れから付き合いだしたカップルの約55%がそのまま結婚に至ったとの結果が得られたらしいのです。また、そのリサーチでの離婚率。男性は20%、女性は10%以下というき数字が出たそうなのです。

 

この結果を見ると…冒頭の「美人は3日で…、とか、皆お見合い結婚で…」とかは、都合よく後付けされた言い訳のようにも思えてきます。

 

一目惚れって要はドストライクなルックスなわけです。動物的勘がその人を最高、最上、極上だと訴えていたわけです。その時の衝撃は計り知れず、また、その人と付き合えた時の喜びも計り知れません。

 

結婚して年月を重ねれば、シワは増えるかもしれませんが、顔の系統が変わることはありません。何より、あの衝撃的な一目惚れの相手が目の前に自分のパートナーとして傍らにいる…こんな幸せなことはありません。

 

そりゃ見た目に好みの異性の方が良いに決まってる…。そうなのかもしれません。当たり前と言えば当たり前のことだなと。

 

スポンサーリンク

その他「片思い」に関する関連コンテンツ

 

管理者・執筆者:恋次(レンジ)

引用元 彼氏の本音ラボ運営者情報

恋次(レンジ)

消滅可能性都市に住んでおり、消滅を食い止めるために何かできないかとの思いから、婚活パーティーを開催することを決意。


婚活パーティーの企画・開催・司会を1人でこなす、月2~4回の婚活パーティーを消滅可能性都市にて開催。(参照) 「地域消滅時代」を見据えた今後の国土交通戦略のあり方について


また、男女関係に悩む男女の役に立てればとの思いで、当サイトで情報発信を続けている。


男性の考え方のロジックが理解できず、男性に振り回されて辛い思いを経験したことがある女性は少なくないのではないでしょうか?


男性的考え方を踏まえた意見・アドバイス・記事を心がけています。


男性のことに関しては様々な悩みが存在します。ですが、男性のことについて悩む人に対して一貫して私は伝えたいと考えていることがあります。それは…


  • 出来得る最善策を施そう。それが常に出来る人でいること。そうすれば、恋愛成功確率は劇的に高まるし、駄目でも後悔しにくい。
  • もし、いい結果に恵まれなかったとしても道は他にもある。男は他にもいる。自分の幸せを優先して建設的な行動を心がけてほしい。

人は冷静さを失うと、自分を破滅へと導く行動をとってしまうことがあります。そんなことが無いように…本サイトが力になれたら嬉しいです。


男性のことに関して悩んでいる女性が”可能な限りの最高の結果を得る”助けとなればこの上ない喜びです。