社会人が習い事で出会いを求める際に気を付ける点と習い事に応じた出会いの特性。出会いのある習い事ってどれ?

習い事に出会いの機会を見出そうとしている社会人のためのコンテンツです。

 

  • 出会いのある習い事はどれなのか?
  • 社会人が習い事で出会いを求める際に気を付ける点は何なのか?
  • 習い事に応じた出会いの特性は?

 

などについて解説しています。

 

極論解決マン:恋次


 

習い事に出会いを求める際の特徴・注意点(メリットデメリット)

特徴・メリット

自然な出会いがある

出会いを直線的に求める場合、合コン・コンパなど古典的な方法から、婚活パーティ、街コン、マッチングアプリなど婚活サービスまで頭に思い浮かぶと思います。

 

習い事での出会いは、これらに比べれば、直線的な出会いではなく、後述しますがが様々な面で非効率です。

 

しかし、出会いを目的に習い事を始めたとしても、出会いそのものは極めて自然な出会いとなります。自然な出会いを演出することができます。

 

また、アナタと同じように出会いを求めて習い事をしている人が口には出さないでしょうが、一定数存在しています。

 

そういった人と巡り合い、意気投合することがあれば、お付き合いに発展するまでにそうは時間を要しないことでしょう。

 

話が合う

合コン・コンパの場合、ルックスで相手の態度があからさまに違い、嫌な思いをしたり、盛り上がる話題を見つけるまでに大変な思いをしたり、あるいは、最後までそういった盛り上がる話題を見つけることが出来ず、残念な会になってしまうことも…。

 

習い事での出会いの場合は、共通の関心事(習い事)があるので、話が合い、盛り上がりやすいです。

 

注意点・デメリット

1か所での連続アプローチは困難

コンパ・合コンでも、連続アプローチは、困難ですが、コンパ・合コンの場合は、会が違えば、また、ガンガンアプローチできるようになります。これらは、婚活パーティー・街コンでも同様です。

 

マッチングアプリならば、最初から出会いを求めていて、全員が恋人候補を品定めしていることが前提なので、そのSNS内での連続アプローチはあってしかるべきという認識をほぼ全員が持っています。

 

習い事の場合は、そのコミュニティ内で恋心を抱いたからという理由で誰かにアプローチし、そのアプローチがうまくいかなかった場合、別の人にターゲットを変えるのは非常に難しいです。

 

  • 尻の軽い人間だと思われてしまいます。
  • 習い事がメインなのではなく、出会い目的なんだと思われてしまいます。

 

出会いだけを最優先に考えるならその習い事を辞め、別の習い事に移るという方法をとることが出来ますが、手間を考えるとかなり非効率です。

 

出会いを求めている人ばかりではない

習い事には、婚活パーティー・マッチングアプリのように、恋人募集中の人しかいないわけではありません。

 

当然ながら、既婚者がいることがあるでしょう。恋人がいる人がいることもあるでしょう。

 

習い事で出会う人は、婚活サービスのように全員が恋人候補になり得るわけではありません。

 

  • イイナと思ってしまった人が既婚者だった。
  • 出会いを期待していたけど対象者がゼロだった。

 

こういうことは起こりえることです。

 

ですから、習い事に出会いを求める場合、出会いよりも何よりも、まずは、その習い事自体が好き、その習い事に興味があるということが、大前提・最低条件となります。

 

そして、その習い事が好きであるからこそ、(運命的な)出会いをした場合に、会話が弾むなどして急接近し、盛り上がることが出来、それこそが最大のメリットです。

 

逆に、なかなか、そういった(運命的な)出会いに巡り合わないというデメリットがあり、実際、習い事で運命的な出会いをして結婚に至った方は少数派だと言えます。

 

であるからこそ、直接的なサービス(マッチングアプリなど婚活サービス)が効率的で人気があると言えるのですが…。

 

↓↓クリックで展開↓↓



 

どんな出会いがある?習い事に応じた出会いの属性

カラオケ教室

カラオケ教室は、合コン・コンパなどでのカラオケの時に、ポイントアップにもつながりますから、出会いを考えた場合に一石二鳥の習い事と言えます。

 

しかしながら、プライベートレッスンの場合は、文字通り先生とマンツーマンなどで、他の方との出会いの機会はありません。

 

グループレッスンの場合は、他の受講者と複数回顔を合わせることで自然な顔見知りになることが出来ます。

 

受講者の年齢層は幅広く、定年後に仲間内でのカラオケで上手に歌いたいという方も…。

 

音楽教室

ギター、ピアノ、サックスなど大人になってからかっこよく演奏できるようになりたいと音楽教室に通いだす人が一定数います。

 

こちらも、カラオケ教室と同様にプライベートレッスンかグループレッスンかで出会いのあるなしが変わってきます。

 

ダンススクール

ダンスの種類・内容によりますが、ノリが良すぎてついていくのが大変という場合も…。

 

ダンススクールによりますが、10代が多かったりすると、居心地が悪いことも…。

 

社交ダンススクール

ヒップホップなどのダンススクールに比べると、年齢層が高く、社会人率が高い。

 

節度ある、素敵な人間関係、出会いが期待出来ます。

 

また、踊る際、身体を寄せ合いますので、そこでのコミュニケーションは、打ち解けることに強力な援護射撃となります。

 

他の競技に比べると怪我のリスクは低めで、社会人デビューからでも各種大会を目指すことが出来るという良さもあります。

 

テニススクール

爽やかな汗を流すことが出来ますし、一緒にやろうと、誘ったり、誘われたりと自然な交流の機会を得ることが出来ますので、テニスが出来るようになっておくと何かと出会いの幅は広がります。

 

また、テニススクールのレッスンに参加していれば、そこで、定期的に顔を合わす方と知り合いになるのは極めて自然な流れと言えます。

 

ゴルフスクール

会社の上司との付き合いなど、ゴルフが出来ると、仕事にも重宝する場合があり、ゴルフスクールでの出会いだけでなく、人生そのものの幅が広がることにつながります。

 

一方で、競技的に、テニスのレッスンとは練習の流れや形式が違いますので、他の受講生と打ち解けて仲良くなるというシチュエーションはテニスほどは期待できません。

 

テニスは、ボレーの練習をするのに、受講生が一列に並ぶ…といったシチュエーションがありますが、ゴルフにはそういったシチュエーションが望めません。

 

料理教室

婚活する上で料理上手をアピールすることが出来れば、男性からの印象は上がります。ですから、習い事自体が、婚活のプラスになっているといえる習い事。

 

最近は、料理が出来る男性が素敵であるという風に考えて料理教室に通う男性は増えてますが、それでも、全体から見ればやはり女性が多い習い事と言わざるを得ません。

 

男性が出会いを求めてという場合は、効率が良いかもしれませんが、既婚者・彼氏持ち・花嫁修業中といった方も一定数いますので、注意が必要です。

 

英会話教室

グループレッスンかプライベートレッスンかで違ってきます。

 

英会話教室の出会いにおける最大の特徴は、レッスンとはいえ、受講生同士で目を合わせたり、コミュニケーションをとる機会があるということ。

 

他の習い事よりも自然な流れで個人的な会話に発展させることが出来ます。

 

資格取得のための講座・スクール

大抵の資格取得のための講座は、座学で、授業を聞く形式。ですので、いつも顔を合わせる人に自らが積極的に話しかけてこコミュニケーションをとらないと出会いが始まらないです。

 

それゆえ、意図的に出会いを求めるにはやや難易度が高いといえるでしょう。

 

パソコンスクール

パソコンスクールにもよりますが、生徒同士が直接コミュニケーションをとる機会は、ほぼないと考えて良いです。

 

ですから、同じパソコン教室に通っているという共通点で、自分から声をかけるか、もしくは声をかけられるか…出会いのきっかけはこのパターンに限定されます。

 

習字教室

字がキレイであることは、婚活のちょっとしたシチュエーションで不意にプラスに作用する場合がありますので、婚活に良い自分磨きとしてもありです。

 

習字の練習自体で、他の生徒と話しをする機会はまずないと考えてよいので、パソコンスクールと同じような出会いのパターンに限定されます。

 

空手・ボクシングなど格闘技系

ボクササイズのように初心者女性に向けたサービスを全面的に押し出している大きなジムでは、スポーツクラブのように淡々としていて、出会いを得るのが難しい場合があります。

 

逆にそうではない昔からある一般的な空手道場、ボクシングジムなどであれば、ジムメイト同士が会話をし打ち解け合うことが容易です。とはいえ、女性にとって敷居が高い場とは言えますが…。

 

フィットネスジム

普通にマシントレーニングをしているだけならば、出会いの機会はなかなかありませんが、各種プログラムの中から、お気に入りのプログラムに参加し、馴染みの顔が増えてくれば、話しかけたり、話しかけられたりすることも…。

 

とはいえ、フィットネスジム自体、個々が淡々とトレーニングする文化が根強いので、出会いの機会としての難易度は高めと言えるでしょう。

 

囲碁・将棋

最近、盛り上がっている将棋、そして、囲碁。

 

初心者が習い始める場合、セミナー形式での座学であるケースが多く、その際は、出会いを得ることの難易度は高いと言わざるを得ません。

 

しかし、対局するようになってくれば、顔見知りが増え、新たな出会いも増えていくでしょう。

 

とはいえ、良くも悪くも老若男女に人気な知的スポーツですから、アナタが求めるドンピシャの出会いがすぐに訪れる可能性は…それほど高くはないと考えて良いでしょう。

 

出会い前提の習い事系婚活パーティーもある!

ガチの習い事は、出会いを第一目的に考えると、不便な面が多いですが、逆に、出会いが第一目的な習い事も存在します。

 

それがテーマあり婚活パーティーです。分類としては婚活パーティーなのだけど

 

  • 料理を作って盛り上がろう
  • アロマキャンドル作りを楽しもう

 

といった具合に、ただの婚活パーティーではなく、何かしら小さなイベントを用意してくれているパーティー。

 

こういったイベントならば、全員が恋人募集中ですので、積極的にアプローチしやすい環境と言えます。

 

習い事での出会いについてまとめ

習い事での出会いは、合コン・コンパなど出会い目的が前面に出てしまっている出会いよりも、自然で人にも言いやすい出会い方法と言えます。

 

習い事ごとに、

 

  • 出会える人の属性・年齢層
  • 出会いのシチュエーション
  • その習い事を好む人の傾向

 

などが異なりますので、習い事に出会いの要素を入れたい方は、それらを事前に把握した上で取り組むべき習い事をチョイスするべきですね。